女子美アートミュージアム(女子美術大学美術館)

お勧めポイント

  • 国内最大級の染織品コレクションが自慢の美術館!
  • 15,000点以上の作品が立ち並んでおり見応え充分!
  • 年6回程度の企画展をはじめ、講演会、ギャラリートーク、ワークショップといったイベントを開催 !

みんなのツイート(口コミ)

https://twitter.com/___a_to_o/status/1221028386312556544?s=20

女子美アートミュージアム(女子美術大学美術館) ってなに?



当館は女子美術大学の付置機関として存在し、「女子美アートミュージアム」と「女子美ガレリアニケ」の2つの展示施設の企画運営を行っています。
 
本学は「芸術による女性の自立」「女性の社会的地位の向上」「専門の技術家・美術教師の養成」を建学の精神として、1900年の創立以来、今日まで多くのアーティストやデザイナー、教育者を輩出してきました。美術を通して、女性のもつ無限の力や可能性を引き出す
教育と研究を行っています。
 
当館では「美」「知」「技」の歴史を資産として蓄積すべく、収集に努めてまいりました。これまでに、本学にゆかりのある作品はもとより、教育研究資源としての美術品や工芸品、歴史資料など、収集対象は時代や文化を超えた幅広い分野に及んでいます。
 
グローバルな時代を迎えて、今後も本学が美術の教育・研究の拠点としてその役割を果たせるよう、学術研究を推し進め、社会に貢献したいと考えております。
 
また、本学は相模原市との「文化促進協定」及び、女流作家の作品を多数所蔵している韮崎大村美術館との「相互協力協定」を締結し、芸術文化振興に努めています。
 
1. 女性による美術制作の発表に重点を置いた活動を行います。
2. 本学の美術教育・研究の成果を公開し展示します。
3. 美術情報の受信機能と自らの発信機能を拡充します。
4. 地域の美術振興と現代作家の活動支援に貢献します。


http://www.joshibi.net/museum/gaiyo.html

 

基本情報

呼称 女子美アートミュージアム(女子美術大学美術館)
住所252-0328  
神奈川県相模原市南区麻溝台1900 女子美術大学 相模原キャンパス
電話番号042-778-6801
営業時間10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日日・祝・展示替期間 (展覧会に応じて特別開館あり)
費用無料
※展覧会ごとに定めます。
※学生、未就学児、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料
アクセス【公共交通機関】
①小田急線相模大野駅北口3番バス乗場より神奈川中央交通「女子美術大学」行き乗車約20分
※平日・土曜日午前10時前はグリーンホール前4番バス乗場より乗車
 
②JR横浜線古淵駅2番バス乗場より神奈川中央交通「女子美術大学」行き乗車約15分
 【車の場合】
車でご来場の方は隣接する市立相模原麻溝公園内の各駐車場をご利用ください
公式サイト女子美術大学美術館
http://www.joshibi.net/museum/jam/index.html

関連記事

  1. 【歴史好き必見!】吉野宿ふじや

  2. 【11月14日〜1月5日】 アクアリウムさがみはらイルミネーション【水と光の幻想風景】

  3. 【4月5日(日)まで】さがみ湖イルミリオン【さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト 】

  4. 県立津久井湖城山公園

  5. 【歴史オタデート】尾崎咢堂記念館【憲政の神様・議会政治の父】

  6. 大花壇(相模原麻溝公園)